弁護士に相談する時に書類を揃えておこう

法律上のトラブルは、私たちにとって意外と身近なところにあります。

何かあった時に適切に対応できるように、弁護士に相談するという事もあるでしょう。その際に書類を揃えておくとスムーズに相談が進むことがあります。

なぜ書類を揃えておく必要があるのか、どういった物を持っていけばよいのかについてチェックしていきます。

弁護士への相談時間は限られる

弁護士に相談するという場合、多くは費用が掛かることになります。一回当たりの料金が決まっているという場合には、時間が30分など短く制限されていることが多いはずです。その時間内に相談が終わらなければ、必要なアドバイスも受けることが出来ないということになってしまうのです。

時間を伸ばしたくても、次に相談に来ている人がいれば一人だけ長時間の相談をするというわけにはいきません。あらかじめ時間が決まっている相談会などの場合には、特に効率的に必要な情報を伝えていくという事を意識しておかなくてはならないのです。

特に時間が限られていないという場合でも、相談料をかかった時間に応じて計算するという事も多いです。そうなると、長時間かかる相談をした場合、料金もそれだけ大きく膨らんでしまうということになります。トラブルに巻き込まれていて今後の費用なども考えると出来るだけ相談の段階では費用を抑えていきたいものです。

できるだけ短時間で必要なアドバイスを受けることが出来るように準備をしておかなくてはなりません。こうしたことを意識したうえで、必要なものを揃えて相談に向かうようにしましょう。

これまでの経緯を伝えるのは難しい

法律上のトラブルはある程度長い時間をかけて起こってきたものも多く、すべての経過をその場で話すという事は意外と難しいものです。話しているうちに混乱してきたり、何を伝えるべきなのかということが分からなくなってしまったりということになりがちです。

伝えるべきことが多すぎてまとめにくくなってしまうため、短時間での相談には苦労することになります。また、ポイントだけを伝えたいと思っても、素人ではどこが重要なポイントなのかわからず、問題解決にはあまり関係のない部分を詳しく、必要な部分を省いて説明してしまうという事も起こり得ます。

それでは必要なアドバイスを受けるという事は難しくなってしまうのです。話が得意な方でもきちんとまとめて話すという事は難しいですし、話下手を認識している方にとってはさらに難しいこととなるでしょう。その点、関係する書類が手元にあれば、弁護士にそれを見てもらって必要な情報をチェックしてもらうことが出来ます。

書類を見ることで大まかなトラブルの内容を弁護士がつかめれば、必要なことを質問してもらえるはずですから事情をつかんでもらうまでの時間を短縮することが出来ます。スムーズに事情をつかんでもらうことが出来るように、ぜひ書類の準備をしてから相談していきましょう。

⇒離婚問題を弁護士に相談する際に聞くべきポイント

関係しそうな書類を持っていく

弁護士に相談する場合は、解決したい問題に関する書類を持っていくようにしましょう。ある程度必要なものがわかるのであれば絞り込んでも良いですが、どれが必要かわからないという場合にはすべて持っていったほうが良いでしょう。

相談に必要な情報が足りないということになると、再び必要な書類を探して出直すことになってしまいます。もう一度はじめから相談し直しということになると相談にかかる時間や費用が倍以上かかるという事にもなってしまいますので、出来れば一度で済ませておきたいものです。

特に対応するために時間制限がある場合などは一度の相談で解決できるようにしておかなくてはなりません。問題に関係しそうな書類はできるだけ多く持っていくようにしましょう。そういった関連書類を集めていく段階で、自分でも問題となる点がもう一度確認できるという事もあります。

なんとなく相談に行くのではなく、自分でももう一度事件の概要を確認していくためにも、関連書類を集めて整理することから始めてみましょう。ファイルなどにまとめてどの書類がどこにあるのか見出しを付けておくなどすると、相談の時でもスムーズに必要なものを見ることが出来るようになります。

積極的に準備しておいたほうが良いものも

借用書や領収書など、すでに手元にある書類であれば、整理して持っていくということが出来ます。しかし、手元にない書類でも取り寄せて持っていったほうが良いものもあります。例えば相続に関する相談の場合などです。

誰が相続人になっているかということがすでに分かっているのであればよいのですが、誰が相続人になるかという事すらわからない状態で相談に行く場合には親族関係などを弁護士に見てもらって相続人となる人を特定していく必要があります。

その際にだれがどういう関係でいるのかという事を示すことが出来なければ、弁護士もきちんとアドバイスをすることが出来なくなってしまうのです。相続などの場合には亡くなった方の戸籍謄本などを取得して相談の際に持っていくとよいでしょう。

それが難しいようなら、親族にどのような人がいるか、出来るだけ正確に図などにまとめておくようにしましょう。それを見てもらう事により短時間で相続人などを正確につかんでもらうことが出来て効果的な相談につながります。

こうしたものはあらかじめ準備をしておくようにしたいものです。

⇒騒音について悩んでいるなら弁護士に相談しよう

自分で相談したいことをまとめる

関連する書類をまとめていくのはもちろん重要ですが、それと合わせて自分で相談したいことをまとめたものも作っていくのが良いでしょう。

直接話をして難しい内容を伝えていくということが難しい場合、文字にしておくと弁護士に目を通してもらって問題をつかんでもらいやすくなります。箇条書きでもよいですし、簡単なものでもよいからメモを作っておくようにしましょう。

問題となっていることや人間関係、聞きたいことがあればまとめておきましょう。弁護士に見てもらうというだけではなく、自分で問題についてまとめてみることで問題を再確認しやすくなりますし、聞くべきこともはっきりするので短時間での相談でも必要なことをきちんと聞きやすくなります。

自分で使うメモであれば質問事項の後に余白を作っておくとそのままメモをすることが出来て便利に使えます。こうした工夫をしながら効率的に相談できるようにしておきましょう。

⇒家賃のトラブルで困ったら!弁護士に相談するメリット